ベトナム 中国の領有権侵犯に抗議

(VOVWORLD) - ベトナム外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官は、中国がベトナムのホアンサ群島のフーラム島に映画館を開設したことを批判しました。
ベトナム 中国の領有権侵犯に抗議 - ảnh 1 ハン報道官

8月1日、ベトナム外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官は、中国がベトナムのホアンサ群島のフーラム島に映画館を開設したことについて次のように明らかにしました。

「ベトナムはホアンサとチュオンサの両群島に対する領有権を証明する法的かつ歴史的な証拠を十分に持っている。中国のこうした行為はホアンサ群島に対する領有権を深刻に侵犯し、国際法に違反したが、この群島に対するベトナムの領有権を変更することはできない。ベトナムは中国に対し、同じ行為を再び行わないよう求める。」というコメントでした。

そして、朝鮮民主主義人民共和国が弾道ミサイルを発射したことについて、ハン報道官は、「ベトナムは朝鮮民主主義人民共和国の弾道ミサイル発射に懸念を示し、朝鮮半島の平和・安定維持を目指すいかなる努力も支持している」と強調しました。

ご感想

他の情報