ベトナム、“I belong ”キャンペーンにおける最も前向きなメンバー

(VOVWORLD) -リンチ氏は「2024年までに無国籍者をなくすため2014年に開始された“I belong ”というキャンペーンにおける最も前向きなメンバーである」と強調しました。

25日、外務省本部で、トゥ・アイン・ズン外務次官はベトナムを訪問中のUNHCR=国連難民高等弁務官事務所東南アジア地域のコーディネーターであるジェームズ・リンチ氏と会見を行いました。

会見で、リンチ氏は「2024年までに無国籍者をなくすため2014年に開始された“I belong ”というキャンペーンにおける最も前向きなメンバーである」と強調しました。

一方、ズン次官はベトナムが「不法移民」「人身取引」および関連する国境を越える犯罪に対する地域協力の枠組みであるバリ・プロセスに関する高級実務者会合を成功裏に主宰するため、UNHCRが今後も引き続き支援するよう希望を表明しました。

なお、1954年の「無国籍者の地位に関する条約」によりますと、「無国籍者」とされるのは、「いずれの国家によってもその法の運用において、国民とみなされない者」です。

ご感想

他の情報