ベネズエラ、マドゥロ氏就任宣誓 憲法を無視

【リオデジャネイロ共同】20日の大統領選で再選を果たした南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ大統領は24日、政権派議員のみで構成される制憲議会で就任宣誓しました。

憲法は国会での宣誓を定めていますが、野党が多数派を占め、制憲議会が権限を剥奪した国会での就任式を避けました。憲法を無視したやり方に野党から批判が上がっています。

現地からの報道によりますと、マドゥロ氏は就任演説で「ベネズエラには新たなスタートが必要だ。民衆の叫びや沈黙に耳を傾ける」と述べました。

野党連合は「制憲議会には就任式を執り行う憲法上の権限はない」と非難する声明を出しました。

ご感想

他の情報