ベネズエラ大統領を狙ったか ドローン攻撃で容疑者6人拘束

(NHK) 南米のベネズエラで、マドゥーロ大統領が屋外で演説していた最中に上空でドローンが爆発した事件で、ベネズエラ当局は大統領を狙った攻撃とみて容疑者6人を拘束しました。

この事件は、4日、ベネズエラの首都カラカスで開かれていた軍の式典で、マドゥーロ大統領が演説をしていた最中に、上空でドローンが爆発したものです。マドゥーロ大統領は無事でしたが、兵士7人がけがをしました。

ベネズエラ政府は5日、事件は大統領を狙った攻撃だとしてこれまでに容疑者6人を拘束したと発表し、背後関係などを詳しく調べています。

マドゥーロ大統領は「コロンビア政府が事件に関与している」と主張していますが、コロンビア側は真っ向から否定しています。

また、ベネズエラ国内の反政府組織が犯行声明を出していますが、今のところ真相はわかっていません。

これまでの調べによりますと、攻撃には爆発物を積んだドローン2機が使われ、1機が式典会場の上空で爆発し、もう1機は近くの建物に激突したとされ、現地からの映像では、ドローンの激突によって黒く焦げついた建物の壁が映っています。

ベネズエラは、独裁的な政治姿勢をとり続けるマドゥーロ大統領のもとで経済が混乱して極度のインフレに陥っていて、大統領への不満が高まっています。

ご感想

他の情報