ベネズエラ軍事介入なら「破滅的」=米ロ外相が会談

(VOVWORLD) -6日、ロシアのラブロフ外相とポンペオ米国務長官が、フィンランド北部ロバニエミで会談し、政情不安が続くベネズエラ情勢などについて協議しました。

会談後、ラブロフ氏は問題解決のためにベネズエラに軍事介入すれば「破滅的なことになる」と述べ、マドゥロ政権に圧力をかけるアメリカをけん制しました。

ロシアは反米左派のマドゥロ大統領を支持しました。一方、アメリカは「暫定大統領」を名乗るグアイド国会議長を支援しています。ラブロフ氏は「国際法に違反する軍事行動には断固反対だ」と述べ、ベネズエラへの軍事介入を支持する者はいないと強調しました。

ご感想

他の情報