ベネズエラ 隣国コロンビアと断交宣言 “米軍事侵攻を支援”

(NHK) -政治的な混乱が続く南米ベネズエラでは、23日、アメリカなどからの支援を受けた反政府側が、隣国のコロンビアから人道支援物資を搬入する試みを始めました。マドゥーロ大統領は、コロンビアが反政府側と共謀し、アメリカの軍事侵攻を支援しているとして、断交を宣言し、国境付近での緊張が高まっています。
ベネズエラ 隣国コロンビアと断交宣言 “米軍事侵攻を支援” - ảnh 1     マドゥーロ大統領=Getty

南米のベネズエラで暫定大統領への就任を宣言した反政府側のグアイド国会議長は、ベネズエラと国境を接するコロンビアの都市ククタに入り、23日、コロンビアのドゥケ大統領からアメリカからの食料や医薬品の引き渡しを受けました。

そのうえで、ベネズエラへの物資の搬入を始めると宣言し、マドゥーロ大統領の後ろ盾となっているベネズエラ軍に物資の搬入を認め、マドゥーロ政権から離反するよう改めて呼びかけました。

これに反発するマドゥーロ大統領は、23日、コロンビアが反政府側と共謀してアメリカの軍事侵攻を支援するのを我慢できないとして、コロンビアとの断交を宣言しました。

コロンビアとベネズエラの国境付近では、ベネズエラ軍が人道支援物資を運び込もうとする市民に催涙弾やゴム弾を発砲するなどして、300人以上がケガをするなど緊張が高まっています。

ご感想

他の情報