ボルトン米大統領補佐官、ロシアに米中間選挙に介入しないよう警告

[ロイター] - アメリカのボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日、ジュネーブでロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談し、ロシアが11月の米中間選挙に介入しないよう警告しました。

ボルトン氏は会談後の記者会見で、「アメリカは2018年の(選挙への)介入は容認せず、介入阻止に向け必要な措置をとる用意を整えていることを明確に伝えた」と述べました。

ただ、米マイクロソフト<MSFT.O>が明らかにしたロシア政府とつながりを持つとされるハッカー集団によるハッキング行為については、マイクロソフトは政府機関でないとして、今回の会談では取り上げなかったことを明らかにしました。

アメリカはロシアが16年の米大統領選挙に介入したとして同国に対し制裁措置を導入しましたが、ロシアは疑惑を否定しました。ボルトン氏は、パトルシェフ氏との会談を受け共同声明を発表する可能性もあったとしながらも、今回の会談では選挙介入について提起することが重要だと考えたとし、共同声明の発表には至らなかったと述べました。

両氏は5時間に及ぶ会談でイラン問題についても協議しました。ボルトン氏は、2015年のイラン核合意からの離脱を受け、トランプ政権は制裁措置の効果を高めることで「イランの現体制に最大限の圧力を掛ける」ことを目的に据えていると説明しました。イランがシリア内戦で果たしている役割に言及し、「われわれはすべてのイラン軍の撤退を目的としている」とし、何段階かを経てこれを実現させる複数の方策について協議したことを明らかにしました。

ご感想

他の情報