ボーイング737 MAX、米国でも運行停止が決定

(www.technologyreview.jp )FAA=米国連邦航空局は、3月10日に発生したエチオピアでの墜落事故に関して「新たな情報と物的証拠」が見つかったため、ボーイング737 MAXジェット機の運行停止を命じました。

ドナルド・トランプ大統領が13日、発表しました。

FAAは、乗客ら157名が犠牲になったエチオピア航空の墜落事故について、2018年10月に189名が亡くなったライオン・エア(Lion Air)の墜落事故と非常によく似ていることが判明したため、と説明しています。

FAAに対応を迫る声は高まっていました。すべてのEU=欧州連合加盟国を含む40カ国を超える国々がすでに独自の一時運行停止措置を講じています。

ボーイングは今回の運行停止措置を受け入れています。アメリカでは毎日数百もの便で737 MAX 8型および737 MAX 9型の航空機が使われているため、乗客に大きな影響が出そうです。

エチオピア航空機のブラック・ボックスはフランスに送られ調査されています。ボーイングは、737 MAXの特定モデルに対して、4月にソフトウェア・アップデートを実施すると発表しました。それまでの間、多くの規制当局はリスクを避けたい考えです。

この記事に関する詳細は、「737 MAX二度目の事故、行き過ぎた「自動化」に 問題はないか?」を参照してほしいです。

ご感想

他の情報