ホーチミン主席のウオンビ市への訪問50周年記念


ホーチミン主席のウオンビ市への訪問50周年記念 - ảnh 1

1月31日夜、北部クアンニン省ウオンビ市で、ホーチミン主席のウオンビ市訪問50周年を記念する式典が行われました。

1965年2月2日、ホーチミン主席がウオンビン市を訪れ、同市の住民や、幹部、兵士などと懇談しました。その際、ホーチミン主席は「石炭と電力は工業と農業に必要なものであるから、皆さんは生産に励んでください」と強調しました。それからこの50年間、ウオンビ市は大きく変貌してきました。

ウオンビ市党委員会のグェン・タン・フォ委員長は次のように語りました。

(テープ)

「ウオンビ市の党委員会、幹部、労働者、兵士らは力を合わせて、石炭・電力の生産を柱とする町から第2級都市に発展させるため、尽力してきました。ウオンビ市の住民はホーチミン主席の道徳を手本に、多くの競争運動や活動を行ってきました。これは、社会の凝集力の強化や信頼醸成に寄与しました。」

なお、2010年~2015年期、ウオンビ市のGDP=国内総生産の伸び率は年平均12%に達すると予測されています。

ご感想

他の情報