ホーチミン主席の名作に関するシンポジウム

(VOVWORLD) - これまでも、この作品は多くの理論的知識を与えています。その価値は、当時のベトナム共産党の路線だけではなく、今日の建設発展事業にも表わされています。
ホーチミン主席の名作に関するシンポジウム - ảnh 1        シンポジウムの様子  

8月30日、ホーチミン市で、同市党委員会の宣伝教育班は、市内の幹部育成学院と連携して、「革命の道」というホーチミン主席の名作に関するシンポジウムを行いました。

「若い世代の心身練磨に対する『革命の道』の意義や、「『革命の道』の不滅精神」など、シンポジウムで発表された研究テーマと報告はいずれも、この作品の理論的・実践的価値を再確認し、「これは、ベトナム共産党が現在、進めている党建設事業にも役立つ」と評価しました。

ホーチミン市の幹部育成学院の教師グエン・カオ・ラムさんは次のように語りました。

(テープ)

「これまでも、この作品は多くの理論的知識を与えています。その価値は、当時のベトナム共産党の路線だけではなく、今日の建設発展事業にも表わされています。そして、今後も、それらの知識を活用できます。」

「革命の道」は、ホーチミン主席が1925年から1927年まで中国・広州で行われたベトナム共産党の幹部訓練コースの資料として執筆したものであり、ホーチミン主席の天才を示すものと見られています。

ご感想

他の情報