ホーチミン主席生誕記念活動

 5月19日のホーチミン主席生誕122周年及び5月24日の中部高原地帯テイグェン地方にあるジャーライ省創立80周年を記念するに当たり、15日午前、ジャーライ省で、「ホーチミン主席と党の建設・綱紀粛正」と題する写真展が開催されました。

ホーチミン主席生誕記念活動 - ảnh 1

この写真展では、資料や、現物、写真あわせて148点が展示されており、人民各層にベトナム共産党の建設事業と綱紀粛正、党の指導能力の向上、党員の道徳衰退防止対策活動、党員の役割の発揮、党と国民との密接な関係・連携の強化活動などを紹介するものです。この写真展は25日まで行われます。

他方、15日、ハノイで、ベトナム国家政治・事実出版社は「仙人が永遠に生きる」という書籍を紹介しました。 190ページからなるこの書籍はタイ人の作家スプリダ ファノムジョンの執筆によるもので、タイでのホーチミン主席の革命活動、及びベトナムとタイの友好関係の構築に対するホーチミン主席の貢献を描いたもので す。この書籍の翻訳者であるグェンタインホァン(Nguyen Thanh Hoan)さんは次のように語りました。

「数多くの外国人の作家はホーチミン主席の生涯、革命事業、道徳について執筆してきましたが、「仙人が永遠に生きる」という書籍は1928年と 1929年、タイで行われたホーチミン主席の革命活動を描いたものです。その上、この書籍はベトナムとタイの友好関係をピーアールするものでもあります。 そういう理由で、この書籍の価値は何倍も高まることでしょう。」

 グェンタインホァンさんはこのように語りました。

ご感想

他の情報