ホーチミン市、「労働者とともにテトを楽しむ」


ホーチミン市、「労働者とともにテトを楽しむ」 - ảnh 1

27日夜、ホーチミン市で、「労働者とともにテトを楽しむ」と銘打ったイベントが開催されました。

イベントで、同市党委員会のレ・タイン・ハイ委員長は「労働者階級を含む全政治システムは能動性と創造性を発揮し、力を尽くしたことで、2013年、同市は大きな成果を収め、GDP=国内総生産の伸び率は9・3%に達し、国内各地の平均値の1・7倍となった。この成果には同市の各工業団地や輸出品加工区で働いている27万人の労働者の小さくない貢献がある」と明らかにしました

また、ハイ委員長は労働者たちに対し、国際社会への参入が進められている現在、知識の向上と手腕の練磨に取り組み、国際市場で競争できるような製品の生産に力を入れるよう希望を表明しました。

ご感想

他の情報