マクロン仏大統領の支持率急落

(読売)フランスのマクロン大統領(39)が、就任から100日あまりで支持率が急落しています。

マクロン仏大統領の支持率急落 - ảnh 1

既存政党の支配を破って5月に史上最年少の大統領となり国民議会選でも大勝して政権基盤を固めたマクロン氏は、政治手法や振る舞いを「傲慢(ごうまん)」と批判され、歳出削減を目指す政策などを巡り逆風を受けています。

「フランス人は改革嫌いだ」。マクロン氏は24日、訪問先のルーマニアでの演説でこう述べ、自ら進める改革に対するフランス国内での批判の高まりにいら立ちを示しまし。

仏調査会社エラブ社が23日に発表した世論調査で、マクロン政権に「満足」と答えたのは14%で、「がっかりした」が36%を占めました。ただし50%は「評価するのは時期尚早」と回答しました。


ご感想

他の情報