マケドニアが難民の入国停止、欧州への主要ルート閉じる

(TBS News)中東などからヨーロッパに向かう難民の経由地となっているマケドニアは、9日、国境に押し寄せる難民の入国を停止したと発表しました。バルカン半島を通る難民らの主要ルートが閉ざされたことになります。

マケドニアが難民の入国停止、欧州への主要ルート閉じる - ảnh 1
(写真:TTXVN)

マケドニアはドイツなどを目指す難民の主な経由地となっていますが、ロイター通信によりますと、9日になって突如、有効なパスポートとビザを所持していない限り、入国を認めないと発表しました。

難民のほとんどはビザなどを持っておらず、事実上、難民の入国を停止した形です。
ギリシャ北部にあるマケドニアとの国境ではおよそ1万4000人の難民が入国を待っていて、今後、混乱が予想されます。また、これより先に、セルビア、クロアチア、スロベニアも難民の入国拒否を始めるなど、難民を制限する動きがドミノ倒し的に広がっています。

今月7日に行われたEUとトルコの首脳会談でも、ギリシャに密航する難民はトルコに送り返すことで大筋合意していて、難民らの行く手は徐々に塞がれつつあります。

ご感想

他の情報