マレーシアで総選挙が始まる

【共同】マレーシアのマハティール元首相(92)が率いる野党連合とナジブ首相(64)の与党連合が議席を争う下院選(定数222、任期5年)の投票が9日、始まりました。


即日開票され、同日深夜までに大勢が判明する見込みです。

有権者は約1450万人。野党連合が勝利すれば、1957年の独立以来、初の政権交代が実現し、かつて22年間に及ぶ長期政権を担ったマハティール氏が首相に返り咲くことになります。

世論調査機関「独立センター」によりますと、マレー半島部の有権者の支持率(8日現在)は、野党連合「希望連盟」が43.4%、与党連合「国民戦線」が37.3%となります。


ご感想

他の情報