マレーシア 前首相 不正資金疑惑 多額の現金など押収

(NHK)今月行われたマレーシアの選挙で敗れたナジブ前首相の自宅や関係先を、警察が不正資金疑惑の捜査の一環で捜索したところ、現金の入ったスーツケースや多数の高級ブランドのバッグなどが見つかり、押収されていたことがわかりました。

マレーシアでは、今月の議会下院の選挙で、マハティール首相率いる政党連合が勝利し、独立以来初めての政権交代が行われました。

敗れたナジブ前首相には、政府系ファンドから個人の口座におよそ7億ドルが送金されていたという不正資金疑惑が持たれていて、マハティール首相は疑惑を徹底解明する方針を示しています。

現地の警察は、この疑惑の捜査の一環で、首都クアラルンプールにあるナジブ氏の自宅をはじめ、関係先を捜索しました。

その結果、現金や宝石などが入ったスーツケースや、高級ブランドのバッグなどが多数見つかり、押収したと警察が明らかにしました。

ナジブ氏の妻は、高級ブランドの服や靴を好む豪華な暮らしぶりが国民から批判されていて、選挙のあとナジブ氏とともに出国が禁止されています。

不正資金疑惑をめぐって、現地のメディアはナジブ氏が政府の汚職防止委員会から来週、説明に来るよう求められていると報じていて、疑惑を追及する動きが強まっています。

ご感想

他の情報