ミラノ、発砲事件で3人死亡


9日、ミラノ中心部にある裁判所で詐欺破産を巡る裁判が開かれていたところ、被告の57歳の男が突然銃を取り出し、廷内にいた弁護士と共犯とされた別の被告に発砲しました。

男はさらに別の階にある裁判官の部屋に向かい、この裁判官も銃撃して合わせて3人を殺害しました。男は裁判所から逃走しましたが、その後、現場から25キロほど離れたミラノ郊外でバイクに乗っているところを逮捕されました。

ミラノでは来月1日から国際博覧会が始まる予定で、イタリアのレンツィ首相は「治安対策のどこに欠陥があったのかを徹底的に明らかにする」と述べ、対策を強化する考えを示しました。

ご感想

他の情報