メイ英首相、EU離脱で新たな提案を約束-首脳会議は成果なく終了

(bloomberg.co.jp)イギリスのメイ首相は膠着状態に陥ったEU=欧州連合離脱交渉を打開するため、新たな計画を用意すると約束しました。

20日まで2日間にわたって開かれたEU首脳会議で加盟国首脳はメイ首相の離脱案をきっぱりと拒絶し、合意成立のための時間はなくなりつつあると警告しました。

オーストリアのザルツブルクで行われたEU首脳会議は進展なく終了しました。EU側はメイ首相に対する圧力を増し、10月までに英国からさらなる譲歩があった場合のみ、合意に調印するための臨時首脳会議を11月に開くと表明しました。

合意には二つの大きな問題が依然横たわります。アイルランド国境問題と離脱後の通商関係です。「成すべき仕事はまだ多い」と、メイ首相は首脳会議終了後に記者団に説明しました。「合意成立への意思はあると信じている。だが、誤解して欲しくはないが、合意なき離脱の準備も進めている」と語りました。

メイ首相は10日後に自身が率いる保守党の党大会を迎えます。英政府当局者の間では首相がこの党大会を乗り切るのを後押ししようとEU首脳から温かい言葉をかけられるとの期待がありましたが、EU首脳から首相案に対して否定的な評価が相次ぎ、その希望はほぼついえました。

メイ首相の案について「前向きな要素もあるが、経済協力に関して提案されている枠組みは機能しないとの見解で全員が一致している」と、トゥスクEU大統領(常任議長)は指摘しました。「EU単一市場の原則に抵触する恐れがあるため、なおさら機能しない」と説明しました。

トゥスク氏はさらに、10月のEU首脳会議が「正念場」になるとし、それまでに「最大レベルの進展」がなければならないとの見解を示しました。その場合にのみ「合意を最終決定し、正式にするための臨時首脳会議を11月に開く」に相当するか判断すると語りました。事情に詳しい関係者の1人によると、その場合は11月17-18日となる見通しです。

一方、フランスのマクロン大統領は、EUを離脱すればよりよい将来が描けると主張した英国の政治家を「うそつき」と呼んで非難し、英国はEU離脱決定の影響を被ることになると警告した。

ご感想

他の情報