メキシコ経済大臣、ベトナム大使と会見

メキシコ経済大臣、ベトナム大使と会見 - ảnh 1

3日、メキシコのイルデフォンソ・グアハルド・ビジャレアル経済大臣は同国駐在ベトナム大使館のレー・リン・ラン大使と会見した際、「メキシコは、通商・工業分野での協力に関する両国政府合同委員会の早期設立を望んでいる」と明らかにした。

また、経済、社会分野でのベトナムの大きな成果や、今年末に調印される予定のTPP=環太平洋経済連携協定の交渉におけるベトナムの役割を高く評価しました。

一方、ラン大使はハノイ駐在メキシコ貿易代表事務所を早期に開設するよう希望を表明したほか、メキシコ側に対し、ベトナム産コメの輸入税を下方調整し、ベトナムを市場経済国として認定するよう求めました。なお、昨年、ベトナムとメキシコとの取引額は21億7000万ドルに達し、前年と比べ、34%増となりました。

ご感想

他の情報