メキシコ議会上院、米国抜きの新TPPを承認

[ロイター] - メキシコ議会上院は24日、TPP=環太平洋連携協定に修正を加えて米国を除く11カ国が3月に署名した「CPTPP=包括的および先進的環太平洋連携協定」を批准しました。

メキシコ議会上院、米国抜きの新TPPを承認 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

参加11カ国で新協定を承認した最初の国となります。

メキシコのペニャニエト大統領は、新協定はメキシコ製品のための市場を一段と開放すると歓迎しました。

CPTPP参加国の経済規模は、世界のGDP=国内総生産の約13%に相当します。アメリカを含む12カ国が署名した最初のTPPでは40%でした。

CPTPPは、参加11カ国(オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、日本、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム)のうち6カ国以上が国内手続きを終えれば発効します。

ご感想

他の情報