メッカでクレーン倒れ107人死亡

 メッカでクレーン倒れ107人死亡  - ảnh 1


(NHK)イスラム教の聖地、サウジアラビアのメッカにある「グランド・モスク」で、工事用のクレーンが突然倒れ、集まっていた大勢の巡礼者が下敷きになるなどして、少なくとも107人が死亡し、230人以上がけがをしました。

サウジアラビアのメッカにある「グランド・モスク」で、11日、工事用のクレーンが突然、外壁を壊しながら倒れ、集まっていた大勢の巡礼者が下敷きになるなどしました。
サウジアラビア政府によりますと、この事故で、これまでに少なくとも107人が死亡し、230人以上がけがをしたということです。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラが伝えた、事故現場で撮影されたとする写真では、モスクの中に赤い大型のクレーンが倒れており、大勢の人が横たわっている様子が写っています。

事故が起きた「グランド・モスク」は、イスラム教徒にとって最も重要な宗教行事で、世界各地から200万人以上が訪れるメッカ巡礼の中心的な場所として知られています。

「グランド・モスク」では、より多くの巡礼者を収容するための工事が数年前から行われていて、いくつもの工事用のクレーンがモスクの周囲に設置されていたということです。

クレーンが倒れた原因は分かっていませんが、現地のメディアは、事故当時、強い風が吹いていたと伝えていて、地元の当局が詳しく調べています。

 

ご感想

他の情報