メルケル首相、G7サミットに失望

(jp.sputniknews.com)ドイツのメルケル首相は10日、ARD=ドイツ公共放送連盟の番組で、カナダで開かれたG7サミットについて「重苦しい印象」を受けたと語りました。
メルケル首相、G7サミットに失望 - ảnh 1    メルケル首相(写真:Telegraph)

ロシアのマスコミが報じました。

メルケル氏は、話し合いへの参加は自分にとって「酔いを醒ますような経験」になったと述べました。

またメルケル氏によりますと、サミットの結果を非常によいものだと述べることは決してできず、特にG7の共同コミュニケへの署名を撤回するというトランプ米大統領の決定に失望したといいます。

またメルケル首相は、アメリカによる鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税 に関する話し合いで進展がなかったことは、これ以上欧州はアメリカを無条件に信頼することはできず、地域問題を解決するために団結しなければならないことを示しているとの見方を示しました。

メルケル氏は、欧州は米国に対して経済的対抗措置を取るべきだと考えています。

ご感想

他の情報