メーデーに世界各地でデモ

 メーデーの日の1日、世界各地で高い失業率と財政緊縮策にうんざりしている多くの市民がデモに参加しました。
スペインのマドリードをはじめ、6日に大統領選決戦投票を控えたフランスのパリや、同じ日に総選挙が行われるギリシャのアテネに至るまで、多くの都市で失業や緊縮策、生活苦に抗議するデモ行進が行われました。
2012年第1四半期の失業率が24.4%と世界の工業国の中で一番高かったスペインでは、労働組合が約80の都市で行動を呼びかけましたた。マドリード中心部のネプトゥーノ広場には数万人が集まり、高い失業率や企業が従業員を解雇することを容易にする労働改革、医療や教育分野の予算削減に抗議しました。
また、ロシアのモスクワでは、来週大統領に就任するウラジーミル・プーチン首相やドミトリー・メドベージェフ大統領をはじめ約10万人が参加して、労働者の日を祝うソビエト風の行進が行われました。

ご感想

他の情報