ユーロ圏9月PMI速報値、製造業が2年ぶり低水準 サービスは好調

[ロイター] - IHSマークイットが21日発表した9月のPMI=ユーロ圏購買担当者景気指数速報値は、製造業とサービス部門で明暗が別れました。

サービス部門PMIは54.7で、前月の54.4から上昇し、市場予想(54.4)を上回りました。

一方、製造業PMIは54.6から53.3に低下し2年ぶりの低水準です。ロイターがまとめた予想中央値の54.4も大幅に下回りました。

製造業PMIのサブ指数では、生産指数が54.7から52.8に低下し2016年5月以来の低水準です。新規受注指数は53.0から51.4に低下し25カ月ぶりの低水準です。ユーロ圏内の取引を含む輸出指数は横ばいでした。

INGのBert Colijn氏は「ユーロ圏の産業は引き続き、イギリスのEU=欧州連合離脱や貿易摩擦の深刻化がもたらす不確実性に苦戦している」と指摘しました。

IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「製造業が好調ではない状態で、ましてや多くのサービス企業が製造業に依存しているときに、サービス部門の堅調な成長がどのくらい長く維持できるか疑問」と述べ、「輸出セクターがユーロ圏経済の足を引っ張っているようだ。貿易戦争をにらみ、リスク回避姿勢が足元で広がっている」との見方を示しました。

ご感想

他の情報