ヨルダン国営テレビ 死刑執行伝える

ヨルダン国営テレビ 死刑執行伝える - ảnh 1
(写真:independent)


(NHK) ヨルダンの国営テレビは日本時間の4日正午すぎ、イスラム過激派組織「イスラム国」が後藤健二さんの解放と引き換えに釈放を要求していた、サジダ・リシャウィ死刑囚の死刑が執行されたと伝えました。

ヨルダンの国営テレビは日本時間の4日正午すぎ、ニュース番組の中で「サジダ・リシャウィ死刑囚の死刑が、けさ執行された」と速報で伝えました。リシャウィ死刑囚はヨルダン当局に収監されているイラク人の女で、ヨルダンの首都アンマンで2005年11月に起きた3つのホテルを同時に狙った爆弾テロ事件の実行グループの1人として死刑判決を受けました。

この事件は「イスラム国」の前身のテロ組織「イラクのアルカイダ」の犯行とされ、リシャウィ死刑囚は2006年にアメリカ軍の空爆によって殺害された、この組織の指導者、ザルカウィ容疑者の側近の親族だと伝えられています。

リシャウィ死刑囚を巡っては、「イスラム国」が後藤健二さんの解放と引き換えに釈放を求め、これに対し、ヨルダン政府は軍のパイロットのムアーズ・カサースベさんも併せて解放するよう求めていました。

ご感想

他の情報