ヨルダン 「イスラム国」の弱体化を目指す

ヨルダン 「イスラム国」の弱体化を目指す - ảnh 1
ヨルダン人、ISのによる同国のパイロットの野蛮な殺害を非難
(写真:AFP)

(日本テレビ)イスラム過激派組織「イスラム国」がヨルダン人パイロットの殺害映像を公開したことを受け、ヨルダンではアブドラ国王が「容赦なく戦う」と述べるなど、「イスラム国」への対決姿勢が強まっています。

ヨルダンのアブドラ国王は4日、アメリカ訪問を急きょ切り上げて帰国しました。ヨルダン国営テレビによりますと、アブドラ国王は軍の幹部らとの会議で「『イスラム国』に対して容赦なく戦う」と述べたということです。

また、モマニメディア担当相は4日、アメリカが主導する有志連合と連携して「イスラム国」の弱体化に取り組む考えを示しました。一方で、地上部隊を投入する考えはないとした上で、シリアの穏健派の反体制派やイラク軍などを支援していくと述べました。

ご感想

他の情報