ラオスのフアンカム国家副主席、ホアビン省入り

(VOVWORLD) -フアンカム国家副主席は「ベトナムとラオスの各地方が共に発展するため、地方レベルの指導に関するベトナムの経験を学ぶことを望んでいる」と述べました。
ラオスのフアンカム国家副主席、ホアビン省入り - ảnh 1        (写真:TTXVN)

19日、ベトナム・ラオス国交樹立55周年、及び、友好協力条約調印40周年を記念する式典に参加するため、ベトナムを訪問中のラオスのフアンカム・ヴィファヴァン国家副主席率いる代表団は北部ホアビン省入りしました。

ホアビン省の指導者との会合で、フアンカム国家副主席は「ベトナムとラオスの各地方が共に発展するため、地方レベルの指導に関するベトナムの経験を学ぶことを望んでいる」と述べました。

なお、かつての戦争中、ホアビン省でラオス人民革命党の前身であるラオス人民党の第2回大会の予備会議が開催されたことから、現在、当地にこの大会に関する歴史遺跡があります。この機に、ラオスの代表団はこの遺跡を訪れました。


ご感想

他の情報