ラブロフ外相、米国務長官に朝鮮民主主義人民共和国との緊張緩和促す

(jp.sputniknews.com)ロシアのラブロフ外相は12日、アメリカのティラーソン国務長官と電話会談し、朝鮮民主主義人民共和国問題やアメリカによるロシア領事館の閉鎖について話し合いました。共同通信が報じました。

ラブロフ外相、米国務長官に朝鮮民主主義人民共和国との緊張緩和促す - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

(jp.sputniknews.com)ラブロフ氏はアメリカに対し、朝鮮半島情勢の緊張を高めず、政治対話の条件を整えるよう促しました。また、アメリカ政府の要求で閉鎖された米西部サンフランシスコのロシア領事館などでロシア国旗が撤去されたことにも抗議しました。そして米当局によるロシア外交施設の閉鎖は違法として、返還を求めて訴訟を起こす方針を伝えました。

サンフランシスコにあるロシア総領事館、ワシントンおよびニューヨークにある通商代表部は9月2日、米国務省の要請により米国側に引き渡されました。ロシア側は、これら施設ではFBI=米連邦捜査局捜査員が参加して違法な立ち入り検査が行われたと発表しています。

ご感想

他の情報