リビアで行方不明の記者5人の遺体発見、「イスラム国」が関与か

リビアで行方不明の記者5人の遺体発見、「イスラム国」が関与か - ảnh 1
リビア兵(写真:ロイター)

[ロイター] - リビア東部地区の軍司令官は27日、イスラム過激派が同国のテレビ局に勤務するジャーナリスト5人を殺害したと明らかにしました。5人は昨年8月から行方不明となっていましたが、同日、喉を切られた遺体が見つかったということです。

同司令官によりますと、過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓う戦闘員が殺害に関わったとみられます。遺体はベンガジ北東部アルバイダ郊外の森の中で見つかりました。殺害時期については言及しませんでした。

5人はリビア人4人とエジプト人で、昨年8月に東部トブルクで暫定議会の会合を取材した後、ベンガジに移動する途中にイスラム過激派の紛争地帯を通ったもようです。

国際ジャーナリスト連盟(IFJ)は、5人が「イスラム国」の拠点周辺で誘拐され最近殺害されたとの見方を示しました。

ご感想

他の情報