リビア沖移民船転覆事故 イタリア、船長ら2人を逮捕

北アフリカからの不法移民を乗せていたとみられる漁船が地中海で転覆した事故で、イタリアの警察は人身売買の疑いで船長と一等航海士の2人を逮捕しました。

リビア沖移民船転覆事故 イタリア、船長ら2人を逮捕 - ảnh 1
転覆事故に逢った難民を救助(写真:AFP)

一方、この転覆事故を受け、ルクセンブルクで開かれたEU欧州連合の外相と内相による会議では、団結して対応する道義的責任があるとして、海での人命救助活動を拡大し、密航や人身売買の取り締まりを強化することなどで合意しました。

ここ数年、北アフリカから、ヨーロッパを目指す移民を乗せた船の事故が多発しており、20日には、ギリシャ沖でも、トルコからの不法移民を乗せた木製の船が転覆し、およそ90人が救出されましたが、子どもを含む3人が死亡しました。

ご感想

他の情報