レーニン思想、ベトナム党建設に有意義

レーニン思想、ベトナム党建設に有意義 - ảnh 1

ロシア革命の指導者レーニン生誕145周年にあたり、21日午前、ハノイでホーチミン国家政治学院は「ベトナム革命の実情へのレーニン思想の創造的適用と発展」と題する科学シンポジウムを行ないました。席上、出席者らは「レーニン思想と理論の研究、貫徹、創造的適用は多方面でのレーニンの学術の科学的革命的価値を立証するためである」と強調しました。

また、ベトナム共産党がマルクス・レーニン主義の研究、補足、発展で収めてきた業績が分析されました。ホーチミン国家政治学院の第一区の院長ドアン・ミン・フアン准教授は「レーニンの思想、理論はベトナム共産党建設にとって今日的意義がある」との見解を示し、次のように語りました。

(テープ)

「第一党は理論作成で先頭に立ち、労働階級と民族の革命事業を成功に導く理論を作成すべきであること。第2、党建設は科学的かつ民主主義的原則に従って行なわれ、あらゆる党員は厳格な規律を遵守する必要があること。第3、国民に優しく、能力と道徳を兼ね備えた党員づくりに力を尽くすことです。私たちは党の綱紀粛正と法治国家の建設を進めている背景の中で、レーニンの教えは今日的意義を持っています。」

フアン准教授はこのように述べました。

ご感想

他の情報