ロシアと反体制派が停戦合意、住民の帰宅につながるか シリア南部

ヨルダン・アンマン(CNN) ロシアとシリア反体制派との間でこのほど、シリア南部ダルアーにおける一時的な停戦合意が成立しました。

シリア南西部では情勢が急速に悪化しており、政権側の攻勢が強まるなかで、少なくとも33万人が自宅からの退避を強いられていますが、こうした人々にとっては、今回の停戦合意は状況の改善につながる可能性があります。

ロシアとアメリカは今月16日に首脳会談を実施する予定ですが、今回の停戦合意の動きは、ロシアのプーチン大統領の立場をより強くする可能性があります。首脳会談ではシリア情勢について話し合われる見通しです。

ロシア当局者とシリアの反体制派による停戦合意を受けて、シリア軍が一部支配地域から撤退し、反体制派の「シリア自由軍」が争っている4つの街を取り返すことになります。

停戦合意は、民間人に帰宅を促す最初の一歩となりそうです。しかし、戦闘は激しく、停戦合意がカバーする範囲は広くないです。

人道的危機が迫っているだけでなく、ヨルダンやイスラエルといった周辺国との国境に近い地域では戦闘も激しくなっています。

停戦合意ではロシアが重要な役割を果たしています。ロシア軍による空爆が政府軍の進軍を助けています。ロシアは、ダルアーへ軍警察を派遣して、停戦合意の維持や反体制派による重火器の放棄を請け負うことになります。

ご感想

他の情報