ロシアと朝鮮民主主義人民共和国首脳 国交樹立70年で友好確認

(NHK)朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とロシアのプーチン大統領は、朝鮮民主主義人民共和国とロシアの国交樹立から12日で70年になるのに合わせて祝電を交わし、伝統的な友好関係をさらに強化していくことを確認しました。

朝鮮民主主義人民共和国とロシアは、国交樹立から12日で70年を迎え、朝鮮民主主義人民共和国の国営メディアは、キム・ジョンウン委員長とプーチン大統領が交わした祝電の内容を伝えました。

この中で、キム委員長は「70年の歴史を持つ戦略的で伝統的な関係は、新しい時代と両国の人民の利益に合わせて発展していくと確信している」として、ロシアとの伝統的な友好関係を強調しました。

これに対してプーチン大統領は「韓国との3者による計画を含む、すべての互恵的な関係がさらに強化されていくと確信する。これは朝鮮半島と東北アジアの安全と安定の強化に寄与する」として、ロシア産の天然ガスを朝鮮民主主義人民共和国を通じて韓国に輸送する構想などを念頭に両国の経済協力に意欲を示しました。

朝鮮民主主義人民共和国とロシアは10日、中国を含めた3か国で朝鮮民主主義人民共和国への制裁の緩和を求める共同声明を発表するなどアメリカをけん制する形で連携を鮮明にしています。

ただ、両首脳の祝電には、早ければ年内の実現が見込まれているキム委員長の初めてのロシア訪問や朝鮮民主主義人民共和国の非核化などについては触れられていません。

ご感想

他の情報