ロシアも米に報復関税 輸入制限対抗、最大40%

(VOVWORLD) (産経)-ロシア経済発展省は6日、アメリカが発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、アメリカから輸入する建設機械や石油ガス関連装置、光ファイバーなどに対する関税を25~40%引き上げると発表しました。中国や欧州連合(EU)が報復措置を既に発動しており、追随しました。

経済発展省によりますと、アメリカの輸入制限によるロシアの損失は5億3760万ドル(約590億円)と推計され、報復関税の実施で8760万ドル分が補えるとしています。

世界貿易機関(WTO)によりますと、ロシアはアメリカの輸入制限は不当として、WTOへの提訴手続きを既に行いました。(共同)

関連ユース

ご感想

他の情報