ロシア・サウジ 原油の減産で一致

(VOVWORLD) - ロシアとサウジは原油の価格を維持するため来年に向けて減産を続けることで一致しました。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催中のG20サミットを機に、ロシアのプーチン大統領は1日にサウジアラビアのムハンマド皇太子と会談して原油市場への対応などを協議し、原油の価格を維持するため来年に向けて減産を続けることで一致したとしています。

会談後、プーチン大統領は、原産の具体的な数値はまだ合意していないと明らかにしました。しかし、サウジアラビアはプーチン大統領の発言に何らのコメントをしていません。

ご感想

他の情報