ロシア、拿捕したウクライナ艦船と乗員解放せず 西側が相次ぎ非難

(Newsweekjapan.jp)ロシアが25日にクリミア半島沖でウクライナの艦船3隻を砲撃後に拿捕(だほ)した問題で、ロシアは26日現在、艦船と乗組員の解放を巡る西側諸国の要請に応じていません。
ロシア、拿捕したウクライナ艦船と乗員解放せず 西側が相次ぎ非難 - ảnh 1        (写真:TASS)

NATO=北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長はウクライナのポロシェンコ大統領と電話会談を行った後、26日にウクライナとの緊急会合を召集することを決定しました。NATOは「ウクライナの領土保全と主権を完全に支援」していると述べました。ウクライナはNATO加盟国ではありません。

EU=欧州連合のトゥスク大統領もウクライナ艦船の拿捕を非難し、ロシアに対し直ちに解放するよう要請しました。イギリス、フランス、ポーランド、デンマーク、カナダも今回の事件を非難しています。

ウクライナ政府はロシアによる攻撃を非難。ウクライナには自国を防衛する権利があるとし、軍隊を完全な戦闘態勢に置きました。ポロシェンコ大統領は28日付で全土に戒厳令を発令する方針を表明。発令期間は30日間となります。

ロシア外務省はウクライナに非があるとして同国を非難。声明で、今回の事件は対ロシア制裁の一段の厳格化を目的に計画されたものだったとの見解を示し、「ウクライナが米国、およびEUと手を組んで追求しているアゾフ海と黒海でロシアとの紛争を引き起こす政策は、深刻な結果を招くとウクライナに対し警告する」としました。

FSB=ロシア連邦保安局はウクライナ艦船はロシアの領海を侵犯したとし、刑事事件として捜査を始めたと表明しました。ペスコフ大統領報道官は拿捕は国際法、および国内法に厳格に則った措置だったとの見解を示しています。

ご感想

他の情報