ロシア新内閣発足、主要閣僚は留任

[ロイター] - ロシアのプーチン大統領は18日、メドベージェフ首相が提出した新内閣人事を承認しました。
ロシア新内閣発足、主要閣僚は留任 - ảnh 1 (写真:THX/TTXVN)

ラブロフ外相、ショイグ国防相、ノバク・エネルギー相ら主要閣僚は留任しました。

このほか、オレシキン経済発展相、マントゥロフ産業貿易相、コロブコフ・スポーツ相も留任しています。ただ第1副首相を務めたシュワロフ氏と副首相を務めたドボルコビッチ氏は新内閣には加わっていません。両氏はリベラル派の代表でした。

新内閣の顔ぶれが明らかになったことを受け、ルーブル相場RUBUTSTN=MCXは軟化しました。

ご感想

他の情報