ロシア・ASEAN首脳会議、閉幕


20日夜、ロシア南部ソチで、ロシアとASEAN=東南アジア諸国連合との対話関係樹立20周年を記念する首脳会議が2日間の議事日程を終え、閉幕しました。

ロシア・ASEAN首脳会議、閉幕 - ảnh 1


会議で、参加者らはロシア・ASEAN共同宣言を採択し、その中で、双方間の対話関係、及び、政治、安全保障、経済、貿易、文化交流などの分野での協力を成果を強調しました。

また、この共同声明は、「双方は、国連憲章や、TAC=東南アジア友好協力条約、バリ原則に関する東アジア首脳宣言に盛り込まれた原則、目標、価値、規定を遵守する」と明記するとともに、ASEAN・ロシア緊密な協力、ASEANの中核的な役割などを再確認しました。

さらに、2005年にクアラルンプールで調印された共同宣言と2010年にハノイで調印された第2共同宣言の内容を取り上げ、「今後も、平等、互恵の原則に従って、地域と世界の平和、繁栄、発展のために協力を強化していく」と再確認しました。

首脳らは、この宣言の展開をASEAN緒国とロシアの関連各機関に委託することで一致しました。

 

ご感想

他の情報