ロンボク島地震 死者300人超か インドネシア

(VOVWORLD) (NHK)- インドネシア中部の保養地、ロンボク島で起きたマグニチュード6.9の地震は発生から72時間が過ぎ、インドネシアの防災当局は死者が300人を超える可能性もあるとして捜索活動を急いでいます。
ロンボク島地震 死者300人超か インドネシア - ảnh 1     写真:THX/TTXVN
今月5日に起きたインドネシア中部の保養地ロンボク島を震源とするマグニチュード6.9の地震では、インドネシアの国家防災庁の調べでこれまでに131人の死亡が確認され、1400人がけがをしました。

地震の発生から生存率が急激に下がると言われる72時間が過ぎるなか、懸命の救出活動が続けられていますが、国家防災庁によりますと自治体や軍の報告などから死者は300人を超える可能性があるということです。

国営通信も8日夜、地元自治体の当局者の話として被害の大きいロンボク島の北部だけでも300人以上が死亡したと伝えましたが、いまだ道路が寸断されるなどして捜索・救助の部隊が入ることができていない地域もあるということです。

被害の拡大への懸念が高まるなか、軍や警察、消防では重機を使うなどして捜索活動を急いでいます。
関連ユース

ご感想

他の情報