ローマ法王、米国に到着 オバマ大統領一家ら出迎え

ローマ法王、米国に到着 オバマ大統領一家ら出迎え - ảnh 1
( 写真:AP)


ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は22日、アメリカの首都ワシントン郊外、メリーランド州のアンドリューズ空軍基地に到着しました。アメリカ訪問は就任後初めてとなります。キューバへの訪問を終え、アメリカに6日間滞在します。

オバマ大統領は23日、ホワイトハウスへ法王を迎えることになっています。法王は今回のアメリカ訪問中、24日には連邦議会、25日には国連でそれぞれ重要な演説を行う予定です。

バチカン(ローマ法王庁)の情報筋によりますと、演説の主題は、金融とテクノロジーによる支配に対する批判、世界各地の紛争をめぐる主要国に対する非難、移民らの保護と歓迎、気候変動などになるということです。

フランシスコ法王の訪米は、フィラデルフィアで26、27日に開かれるカトリック教徒が集う国際的な祭典への出席で締めくくられることになっています。

ご感想

他の情報