ロ大統領 平和条約交渉には慎重

(NHK)北方領土をめぐって、安倍総理大臣とプーチン大統領はモスクワで26日行われた日ロ首脳会談で共同経済活動の具体化に向けた調査団の派遣に合意したほか、航空機による墓参をことしも行うことを確認しました。
ロ大統領 平和条約交渉には慎重 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)
その一方、プーチン大統領は北方領土問題を含む日本との平和条約交渉については「解決策を忍耐強く探し続けることが重要だ」と述べ、慎重な姿勢は崩しませんでした。

日ロ首脳会談は日本時間の26日夜11時前からロシアのモスクワで開かれ、安倍総理大臣とプーチン大統領が北方領土問題について話し合いました。
この中で両首脳は、北方四島での共同経済活動について、海産物の養殖や温室における野菜、島の特性に応じたツアーの開発など5つの事業で具体化を加速することで一致しました。
そしてことし7月か8月をめどに、民間事業者を中心とした調査団を派遣することで合意しました。
また、去年9月に初めて行った北方領土の元島民らによる航空機を使った墓参を、ことし7月にも行うことを確認しました。
その一方、その後の共同記者会見の中でプーチン大統領は「日ロの協力関係は発展している」と日ロ関係を評価したものの、北方領土問題を含む日本との平和条約交渉については「解決策を忍耐強く探し続けることが重要だ」と述べ、慎重な姿勢は崩しませんでした。

ご感想

他の情報