ロ朝首脳、初会談へ=非核化・関係発展を議論-ウラジオストク

(VOVWORLD) -25日、ロシアのプーチン大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長は、極東ウラジオストクのルースキー島にある極東連邦大学で初の首脳会談を行います。

非核化問題や両国関係の発展が主な議題で、朝鮮民主主義人民共和国の非核化実現まで制裁は解除しない姿勢を堅持するトランプ米政権に向け、双方がどのようなメッセージを打ち出すかが注目されます。
ロ朝首脳会談は2011年8月、メドベージェフ大統領(当時)と故金正日総書記が行って以来、約8年ぶりです。

朝鮮民主主義人民共和国国営メディアは25日、正恩氏がウラジオストクに到着したことを報道します。現地は「熱烈な歓迎の雰囲気に包まれた」と伝えました。一方、ロシアメディアによりますと、正恩氏は会談後の翌26日は視察などに充て、27日まで滞在するとみられます。

ご感想

他の情報