ワシントンで初の中米法執行・サイバーセキュリティー対話

( Record China) 初の中米法執行・サイバーセキュリティー対話がワシントンで4日行なわれ、中国側は郭声コン公安部長(公安相、国務委員)、米側はセッションズ司法長官、デューク国土安全保障長官代行が共同議長を務ました。 
ワシントンで初の中米法執行・サイバーセキュリティー対話 - ảnh 1 中国の郭声コン公安部長(右)と米国のセッションズ司法長官(左)(写真:People’s Daily)

双方は法執行及びサイバーセキュリティー分野における近年の両国協力の成果を振り返り、総括するとともに、テロ対策、麻薬撲滅、ネット犯罪取締り、逃亡犯逮捕・不法取得資産没収、不法移民送還などの問題について踏み込んで話し合い、広範な共通認識に至りました。

双方は習近平国家主席とトランプ大統領のマールアラーゴ会談での重要な共通認識に基づき、中米法執行・サイバーセキュリティー対話の役割を十分に発揮し、法執行・サイバーセキュリティー分野で対話と協力を一層強化し、習主席の招待を受けたトランプ大統領による11月の公式訪問に向けてさらなる成果を積み重ねることで合意しました。 

郭氏は「法執行・サイバーセキュリティー対話は中米間の4つのハイレベル対話制度の1つです。中国側は米側とともに、テロ対策、国際犯罪の取締り、逃亡犯逮捕・不法取得資産没収、麻薬撲滅、司法分野の協力を強化し、法執行分野における両国の重要な懸念をしっかりと解決することを望んでいます。

双方はネット犯罪の取締り及び関連するハイレベル対話制度の枠組で、ネット犯罪の取締り、ネット上のテロ対策及びサイバーセキュリティー分野の実務協力を引き続き推し進め、サイバーセキュリティー面の両国の利益を守り、平和で安全、開放的、協力的かつ秩序あるサイバー空間の構築を推進する必要がある」と強調しました。 

米側は「大国である米中による法執行及びサイバーセキュリティー分野の協力強化は双方にとっても、世界にとっても大変重要です。双方は法執行及びサイバーセキュリティー分野で共通の脅威に直面し、広範な利益を共有しています。

ご感想

他の情報