「一帯一路」構想、越中の協力に新たなチャンス

(VOVWORLD) -25日午前、ハノイで、ベトナム外交学院は在ベトナム中国大使館と協力し、「『一帯一路』構想、越中の協力に新たなチャンス」と題する座談会を行ないました。
「一帯一路」構想、越中の協力に新たなチャンス - ảnh 1

開会式で、外交学院副院長のレ・ハイ・ビン博士は地域の平和、協力、発展の維持の重要性を強調するとともに、「一帯一路」構想に関する意見交換はベトナムの学者や、企業経営者にこの構想への理解を深めるであろうとの見解を述べました。ビン氏は次のように語りました。

(テープ) 

「『一帯一路』構想は中国との財政協力を通じて、ベトナムにインフラ整備での協力チャンスをもたらすでしょう。また、中国はベトナムの第一の貿易相手国であり、双方の商取引額は絶え間なく増加している背景の中で、この構想はベトナムと中国に経済貿易協力の発展に有利な条件を作り出すと思います。さらに、これは両国国民に適切な利益を与え、地域の平和、安定、繁栄に貢献していきます。」

一方、中国の尹海虹大使は「一帯一路」構想の目標はインフラシステムの充実、貿易の円滑化、交流の強化にあると明らかにしました。

 

ご感想

他の情報