不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見


  不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見 - ảnh 1
マレーシア航空MH370便の一部の可能性がある残骸の破片= Reuters


2014年に消息を絶ったマレーシア航空MH370便の一部の可能性がある残骸の破片を南アフリカの観光客がモザンビークで発見していたことが分かり、破片が分析にまわせることになった。航空当局が11日、明らかにしました。

10代のリアム・ロッターさんは地元メディアに対し、昨年12月にモザンビークでの休暇中に海岸で長さ1メートルほどの金属片を発見し、家に持ち帰ったと話しました。

今月初めにモザンビークの沿岸で航空機の一部とみられる残骸が発見され、同便のものである「可能性が高い」と報道されたことを受け、リアムさんの家族は当局に連絡したということです。

「南アフリカ民間航空局は、物体を回収する手配をしている。物体はその後、発見されたあらゆる物体の鑑定をマレーシアから依頼されているオーストラリアに送られる予定」だと、同局の報道官は声明で述べました。AFP

ご感想

他の情報