世界の金融機関、ベトナムの経済成長の展望を楽観視

(VOVWORLD) - 世銀や、ADBなどはベトナム経済の展望を高く評価しています。

年のベトナム経済成長の予測は6.8%に達し、今年始めに発表した予測値の6.5%を上回っています。また、「ベトナムは今年、アジア太平洋地域におけるカンボジアに次いで第2位の急速な経済成長国である」と予測されています。

この見通しは、今年第1四半期のベトナムの経済伸び率が7.38%に達し、過去10年間で最高となっている背景の中で出されました。2017年のベトナム経済もおよそ10年間で記録的な高い成長率を遂げました。

一方、格付大手のフィッチ・レーティングスは、今年のベトナムの経済成長率は6.7%に達する可能性があると予測しています。その原因はベトナムへの外国直接投資の増加、生産分野の拡大などによるものとしています。その他、フィッチ・レーティングスはベトナムの信用格付けを「BBマイナス」から「BB」に引き上げました。

そして、ADB=アジア開発銀行は、今年のベトナムの経済伸び率が7%を超えるとの見通しを発表し、さらなる楽観的な見方を示しています。

ご感想

他の情報