世界ラジオデー記念式典


10日、ハノイで、VOV=ベトナムの声放送局とユネスコベトナム事務所の共催により、世界ラジオデーを記念する式典が行われました。

式典で発言にたった当放送局のグェン・ダン・ティエン総裁は「VOVは国内だけでなく、世界でも信頼に足る有力な報道機関として評価され、近いうちにマルチメディアグループになる」と明らかにしました。

ティエン総裁は次のように語りました

(テープ)

「世界ラジオデーは世界各国のラジオ放送局間の協力強化や、マスメディアの発展、情報提供の促進などを目指すものです。世界ラジオデーは若い世代が意見を交換し、自分の声を上げるための良いチャンスでもあります」

一方、ユネスコベトナム事務所のカトリン・ミューら・マリン所長は次のように語りました。

(テープ)

「ラジオのリスナーのうち、青年は大多数を占めています。ですから、若いリスナーがどこでもラジオを聞けるように有利な条件を作り出す必要があります。ラジオ放送は人々の愛国心などを増すことができ、若い世代の社会への積極的な貢献を鼓舞することでしょう」


ご感想

他の情報