世界口腔保健デーを記念するマラソン


3月20日の世界口腔保健デーにあたり、20日、ハノイで、マラソン大会が行われました。世界口腔保健デーは、世界各国で子どもから大人、高齢者に対し、個人、家族、地域、国に働きかけ、健康な口腔を讃え、口腔への世界的気づきや口腔清掃の重要性を推進し、口腔疾患の世界的障害を減少することを目的とする国際的記念日とされています。

世界口腔保健デーを記念するマラソン - ảnh 1
マラソン大会に参加した人々


マラソン大会で、ベトナム歯科協会の代表は世界人口の9割が口腔疾患にかかっていると明らかにし、口腔疾患は体全体に大きな悪影響をもたらすと述べました。世界口腔保健デーに当たり、子どもを対象とした歯医者コンクールが行われています。このコンクールは、子どもたちが歯医者として人々の歯を守るためのアイデアを出すためのものです。

ご感想

他の情報