世界水の日に応える記念式典


22日午前、資源環境省はタインホア省人民委員会と連携して、3月22日のせ「世界水の日」を記念する式典を共催しました。


世界水の日に応える記念式典 - ảnh 1
クアン大臣




席上、資源環境省のグェン・ミン・クアン大臣は「現在、ベトナムでは、水資源は幾つもの試練に直面している。ベトナムの河川に流入する水源は3分の2がベトナム領土以外の中国、ミャンマー、ラオス、タイなどから発している。現時点で、中部、高原地帯テイグェン地方では深刻な水不足が発生し、また、南部メコンデルタ地域での干ばつと塩害は過去100年ぶりの深刻な自然災害になっている。海沿いの50万人あまりが生活用水の不足状態に陥っている。」と明らかにしました。

クアン大臣は次のように語りました。

(テープ)

「本日の世界水の日に当たり、私たちは、各レベルの機関や部門に対し、社会の持続的発展に向けて水の安全保障政策を作成するよう呼びかけます。この目標を実現する為に、水使用の効果向上が必要とされています。また、全国各地方は、水資源の保護と節約に関する差し迫った要求を深く認識しなければなりません。山岳地帯や僻地の各レベルの地方当局は、現地住民に森林保護と洪水の効果的防止の重要性を幅広く宣伝してゆくことも必要です。」

ご感想

他の情報