世界禁煙デーを記念する集会

24日午前、ハノイで、5月31日の世界禁煙デーを記念する集会が行われました。集会で、ベトナムのグェン・ティエン・ニャン副首相は各省庁、機関、組織に対し、タバコによる被害防止対策活動に積極的に参加するよう呼びかけました。

世界禁煙デーを記念する集会 - ảnh 1
集会で発言にたったニャン副首相(写真:VGP/Tu Luong)

また、ニャン副首相は保健省に対し、タバコによる被害防止対策を更に積極的に宣伝し、同作業に関する法的文書を作成するよう求めました。

この機に、ベトナム国内で、「ノースモーキング週間」というイベントが行われています。

なお、ベトナムで喫煙による死亡者数は年平均4万人で、2030年まで、その数は7万人にのぼると予測されています。

ご感想

他の情報